読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nylaxのブログby小山啓司

北海道在住で猫と一緒に暮らしてます。日々の生活に関わるニュースを中心に個人的な感想を不定期に更新しています。オルタナティブロック UKテクノ、J-POP 、スポーツ全般、 北海道好き。

「STAP細胞ビジネス」がついに欧米で始まった! 小保方潰しに没頭した日本は巨大マネーもノーベル賞も逃す羽目に?

社会問題 話題のニュース

STAP細胞論文が撤回され、小保方晴子さんが芸能スキャンダルジャンルでニュースになるのが最近の日本。一方の地球の裏側ではSTAP細胞ビジネスが日本を外したうえで水面下で着々と行われているようだ。まだ断片的な情報しか伝わってこないが、少なくとも点と点がひとつの線につながる不可思議な情報がふたつある。


ハーバード大学の付属病院が特許出願
ひとつが、アメリカのハーバード大学の付属病院が、STAP細胞に関する特許出願を世界各地で継続しているという情報だ。論文発表時点でハーバードは米国、欧州、カナダ、オーストラリア、そして日本でSTAP細胞の特許を出願したのだが、不思議なことに理化学研究所が論文を取り下げた後も、なぜかハーバードは特許の実態審査やその範囲の補強に10万ドル以上の費用をかけ続けているというのだ。

 

gunosy.com

 

 

本当のところはどうなんだろうな。

理研関係者はこのことに関してはノーコメントみたいだしね。

もしも本当にSTAP細胞があったとしたら、あの一斉にバッシングしたメディアの責任はどうなるんだ?一人死者まで出しているんだけど、、、

これの発見はノーベル賞ものでしょう。

 

 

 written by小山 啓司

nylax bx 小山啓司 (@nylax10) | Twitter

あの日

あの日

 
STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~

STAP細胞はなぜ潰されたのか ~小保方晴子『あの日』の真実~

 
STAP細胞 残された謎 (Parade books)

STAP細胞 残された謎 (Parade books)

 
捏造の科学者 STAP細胞事件

捏造の科学者 STAP細胞事件

 
STAP細胞の正体  「再生医療は幻想だ」 復活! 千島・森下学説

STAP細胞の正体  「再生医療は幻想だ」 復活! 千島・森下学説

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オルタナティブロック

UKテクノ、J-POP

スポーツ好き
サッカー

米子